浮気がきっかけで浪費癖がつく理由は?

限りあるお金を思うまま浪費する彼氏には、困ったものです。 でも幾ら彼女から注意をしても、浪費をやめることはしないでしょう。 そもそもどうして、彼氏は浪費をしてしまうのでしょうか。 考えられる理由としては「見栄を張る」でしょう。

見栄を張りたがる男性はブランド品をこれでもかというほど身につけて、高級外車を乗り回す傾向があります。 ここまで分かりやすい人は流石にいないと思いますが、人におごる・高価なプレゼントを贈る人は多いです。 お金を使うことにストレスを発散している方もいらっしゃいますが、わざわざ高いものを選んで購入することは、「見栄」以外の何者でもありません。 ただ「見栄を張る」ということは、裏返せば「自分に自信がない」とアピールしているようなものです。 自信がない自分を大きく見せたいからこそ、高いものを購入する。 ならば自分に自信をつけさせることが、浪費を治す1番の近道と言えます。

ただ浮気がきっかけで、浪費を始める人もいます。 これまで堅実な性格だったにも関わらず、急に金遣いが荒くなれば要注意です。 浮気によって急に浪費になる理由は色々考えられますが、やはり「見栄」によるものが大きいでしょう。 浮気はリスクが高いゲームです。 後のリスクを考えると、浮気相手である女性は大きな不安に襲われます。 そこで彼氏は浮気相手を不安にさせないためにも、自分はとても頼りになる人間であるのをアピールする為に見栄を張るのです。 また振られたくないという思いで、見栄を張ることもあります。 豪華な食事・高いプレゼントは、正に典型的なパターンと言えるでしょう。 身の丈以上の行動を起こす為に、浪費してしまうのです。

しかし1番の理由としては、自分に興味を持ってほしいからでしょう。 ありのままの自分をさらけ出しても、浮気相手は振り向いてくれないと思い、変に無理をしてしまうのです。 でも浮気の相手は所詮”浮気の相手”です。 いつかはバレて、離れるのが大昔からあるパターンです。 ”ありのままの自分”ではなく、変に見えを張った自分を好きになる相手は、本当の意味での運命の人ではありません。 相手側も「こんな立派な人と付き合っている自分」が恋しいと思うだけで、本気ではないのです。

例え借金があり心身ともにボロボロになっても、それでも付き添うのが本当の愛というものです。 だから浮気をして浪費癖がついてしまった彼氏に対しては、「別に無理をしなくてもいいよ」と声をかけてみては如何でしょうか。